解法を丸暗記しても得点アップにはつながらない

中学受験の算数を指導していると、

さまざまな考え方を持った親御さんに出会うことが多いのではないでしょうか。

その中で主流になっているのは、算数は思考力やセンスがすべてであるという考え方です。

確かに算数の問題を解くには、思考力やセンスが必要です。

しかしそれだけでは、算数で得点を得ることは難しいといえます。

中学受験の算数で必要な能力は思考力やセンスに加えて、計算力も大切です。

センスがあっても計算で間違えてしまっては、得点を得るのが難しくなってしまうからです。

どんなに算数のセンスがある子どもであっても、毎日計画的に計算練習を行うことがポイントになります。

指導する上でも計算の大切さを生徒に伝えるようにしましょう。

算数が苦手な子は、解法パターンを丸暗記すれば成績が伸びるはずと考えることが多いです。

親御さんの方も中学に入ってから覚える方程式などを勉強してきた経験から、

算数も暗記科目だと考えて子どもに取り組ませることがあります。しかしこの考え方は正しくはありません。

解法パターンを覚えれば、小テストなどでは点数を取ることができますが、

模試試験など全範囲が出題されるテストでは点数をとるのは難しいといえます。

得点アップのためには、解答を導き出す根拠をしっかり理解してもらうことが大切です。