志望校合格は塾講師次第

中学入試の算数は、小学校では習っていない特別難しい問題が出ると、

塾に子供を通わせる保護者の多くが言います。

確かに小学校の教科書の内容を超えた問題が出題されますが、

具体的な準備を行うことで中学入試に突破することができるのです。

志望校の過去問題集を解くのは6年生の途中からでも間に合います。

重要な基礎は、小学校で習う計算の能力や文章問題を解く時の読解能力にあります。

計算や文章問題に苦手意識を抱いていては、中学入試の算数には太刀打ちできない場合もあるので、

個々の生徒がどこで躓いてしまっているのかを見極めることが必要です。

苦手意識のある問題にじっくりと取り組ませて、最後に解答は自分で導かせることで成功体験を重ねます。

徐々に苦手意識を取り払ってから、中学入試の算数問題や志望校の過去問題集に当たらせると良いでしょう。

小学生は先生との相性次第で、その科目の好き嫌いがかなり左右される傾向があるので、

生徒一人ずつに寄り添うように努めて、わからない所はいつでも先生に質問できるという安心感を与えます。

わからない所を生徒の方から言ってくるようにできれば最善であり、

算数の成績アップがぐんと望めるタイミングになります。